詳しい使い方 | フロントラインスポットオンでワンちゃんを快適に!
容器に入っている薬

詳しい使い方

フロントラインスポットオンの詳しい使い方を説明します。スポットオンタイプなので、簡単に投与できます。
1.まず、裏面のアルミシールからピペットを取り出します。
2.白い面を手前に向けて、上部の切り取り線部分をパキッと折ります。(緑色の面を手前にすると液体が身体に飛び散る場合がります)
3.首元の1箇所に、毛をよけた皮膚に直接、全量を投与します。大型犬やネコの場合、駅が流れやすいので気をつけてください。
4.全量投与したことを確認してください。
以上が正しい投与方法です。イヌとネコに投与した場合、2日間は水浴やシャンプーを控えてください。投与する際に内容液を直接触らないようにしてください。そして通常、ノミに対しては1~3ヶ月、マダニに対しては1ヶ月は効果を持続するので、次回の投与はそれ以降にしてくださいね。
もしペットに副作用が現れた場合、すぐに獣医師の診察を受けてくださいね。フロントラインがなぜこんなに効果的なのかというと、動物用医品だからです。市販のものは医薬部外品なので、駆除効果が低いのです。フロントラインは病院でも処方されるお薬なので、高い効果を発揮するのです。ノミ・マダニは1mmほどなので、どこからでも侵入してきます。外でつけてくると思われがちですが、室内での発生確率の方が高いのです。しかもメスは1回につき50個近いタマゴを産むので、タマゴがふ化した時には大変はことになっているということも。ふ化してからでは遅いので、早い段階での駆除・予防が必要ということです。